スタジオ防音工事の必要性

お店の営業を進めていく際に、曲を流して、歌えるスペースを作る事やライブができる環境を用意する際に、スタジオ防音工事をしっかりと進めていく必要があります。防音工事をしっかりと進めていき、近所迷惑とならないようにきちんと対策を取る事にも注目です。

スタジオ防音工事を進める際の費用の比較も重要なので、複数の業者の情報を集めながら、安心して依頼する事ができる業者を見つける事は重要です。当サイトでは業者の比較をスムーズに進められるように情報発信し、費用に関する情報も分かりやすくまとめています。

スタジオ防音工事が初めての方も、基礎知識をしっかりと身につけてから、これからの事を考えていけるように、分かりやすく情報をまとめています。疑問に感じる事もきちんと理解してから決められるように、しっかりと情報を伝えていきます。

阪神防音®

総合評価 ★★★★★
満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載量 ★★★★
サービス性 ★★★★★

阪神防音®では、スタジオ防音工事を始め防音室の設計及び施工のカテゴリーに於いて、一流と呼ばれる防音工事会社の中では業界一の低価格を実現し、限られた予算で最大限の効果が得られる防音工事を提供しています。

阪神防音®は、防音専門会社としてのノウハウと実績を積み重ねてきたからこそ実現可能な、ただ安く低コストなだけではない性能保証及び品質保証付きの防音室設計及び施工し、様々なユーザーのニーズに応えてきました。

阪神防音®は、ノウハウや設計施工のクオリティーの高さが幅広く支持され、且つ業界一の低コストを両立した事で年間100件以上の施工で累計実績共に関西No.1を達成し、大阪から全国各地へも対応しています。

アコースティックグループ

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載量 ★★★★
サービス性 ★★★★

アコースティックグループは、プロユースに対応した防音工事の専門会社です。沖縄から北海道まで、首都圏を軸に幅広く展開しており、施工エリアは全国規模となっています。スタジオ防音工事も含め、年間着工数は250から300件に達するなど、施工実績が豊かです。

防音工事に対しては、単に外へ音が漏れないだけの施工ではなく、音質や空間へもデザイン的な拘りを持たれています。そのため、従来の防音工事とは一線を画すような、明るく伸びやかな室内プランを提案してくれるのが特徴です。

さらに、音楽製作者や音楽家のための音響、および防音設計コンサルタントにも定評があり、相談力にも優れています。問い合わせはウェブやファックス、ならびに電話でも受け付けられています。

環境スペース株式会社

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載量 ★★★
サービス性 ★★★★★

遮音・音響性能だけで満足できず、デザイン性にもこだわりたいのなら、スタジオ防音工事を担う環境スペース株式会社もイチ押しです。コチラは、快適なスタジオ環境をクリエイトする会社として2003年の創業以来、3200件超の防音工事・音響測定の実績をあげているだけあって、満足感や納得できるクオリティーを求めることもできそうです。

マンションの一室から、プロ仕様のスタジオ防音工事まで、多種多様、幅広いフィールドの防音工事を担うのが環境スペース株式会社のウリです。広さ・環境・予算に合わせたオーダーメイド施工ですから、希望をしっかり聞き入れる姿勢も評判がよく、納得できるまで比較検討できます。

また、環境スペース株式会社ではショールーム兼防音体験ルームを併設しています。使用している楽器を持ち込み、音響性能や遮音性能を室内・外から体験できます。またオーダーメイドであるため、価格に無知となる方には見積もりも出してくれます。ちなみに、コチラの防音室のベーシック仕様で、4.5畳~8畳程度の広さなら200万円台からの予算案で進めることもできるようです。

高橋建設株式会社

総合評価 ★★★
満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載量 ★★★★★
サービス性 ★★★★

楽器を演奏するときは、音響にこだわります。高橋建設株式会社では、スタジオ防音工事をしていて、自由にレイアウトを変更したり、性能を高めることができるので、施工の流れを把握してから、スタッフに依頼をしましょう。

住宅の防音工事は、アドバイザーが親身になって、サポートをしています。部屋のスペースや楽器の種類などを考慮しながら、設計の基本案を作るので、より良いサービスが受けられます。要望や予算で検討することもできます。

施工後は、メンテナンスやアフターフォローに全力を注いでいます。引越しをするときは、解体をしたり、サイズを変更することも可能なので、計画的に管理ができて、便利です。

ジーハ防音設計株式会社

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★
掲載量 ★★★★★
サービス性 ★★★

ジーハ防音設計株式会社では、ピアノ室やライブハウスの防音工事だけではなく、リハーサルやレコーディングのスタジオ防音工事にも対応しています。長年の経験と実績・知識に基づいて、最高のプランが提案されます。

物件探しから騒音測定、防音計画書の作成、設計・施工、消防署との協議や申請、そして音響機器や舞台照明の設置まですべてを一括してお願いすることができます。この便利さがメリットの一つです。指定工務店や指定デザイナーとのコラボもOKです。

お客様のことを考えたリーズナブルな価格設定も魅力です。ライブハウスクラブなら25万円から、リハーサルスタジオなら35万円からとお手頃価格。もちろん、平面図の作成や見積もりは無料です。

PANDASTUDIO

総合評価 ★★★
満足度 ★★★
使いやすさ ★★★
掲載量 ★★★
サービス性 ★★★★★

工務店や工事専門とは異なり、スタジオの技術者やオペレーターを本職とするのが【PANDASTUDIO】です。全国110カ所以上に構築したスタジオ、そのノウハウをフルに活かして、収録や生配信をすることができるスタジオ構築サービスを提案してくれます。オフィスの一角もスタジオ防音工事を行うことで、条件が悪かった場所からでも撮影の収録、配信ができる改装を担ってくれます。

ピアノやドラムなどのライブパフォーマンスができる本格的なスタジオ構築ではなく、PANDASTUDIOならではの150万円〜という低価格に抑えた価格帯からスタジオ構築を提案しています。ですから、オフィスとして使うマンションの一室を利用してフルハイビジョンの動画を撮影、インターネットで生中継なども行えます。

PANDASTUDIOでは、スタジオ防音工事済みとなるレンタルスタジオも提供してくれます。マンションによっては規約があったり、原状復帰・改修工事が難しい場合も少なくはなく、こうしたレンタルサービスも評判です。もちろん、電気・照明工事、防音壁も担当してくれるため、スタジオ防音工事の相談から可能です。

スタジオ防音工事が上手な業者をピックアップ

いろいろなリフォーム業者が存在していますが、その中でもスタジオ防音工事が上手な業者を、しっかりと選んで声をかけたいなら、様々な音楽スタジオに携わってきた百戦錬磨の業者を選んだ方が良いでしょう。ドラムやエレキギター等を気兼ねなく演奏でき、場合によってはバンド演奏までできてしまうような部屋を、しっかりと作ってもらうことができます。まずは、経験豊富な業者をピックアップするために、いろいろなツールやコンテンツを活用して、情報収集しておきたいところです。1番参考になるのはやはり経験者の話なので、それをチェックできるコンテンツに注目してみると良いでしょう。1番簡単なのは身の回りの詳しい人たちから、オススメの業者を教えてもらうことです。スタジオ工事を施してもらったことがある人を身の回りから探し出して、その上でアドバイスを提供してもらうのが無難だといえます。

地元で活躍している地域密着タイプのリフォーム業者等に全く心当たりが無いなら、インターネット上から情報収集してみると良いでしょう。この方法なら、全国規模でリフォーム業者の情報を確認することができます。口コミが確認できる情報サイトもたくさんありますし、人気ランキングサイトなどもあるので、そういったところで手に入る情報を見逃さないようにしておくべきです。経験者の話をその類の情報コンテンツから手に入れたら、後は名前が頻繁に見かけられるリフォーム業者のホームページに目を向けてみると良いでしょう。ホームページでは、今まで行ってきたリフォームの事例などをチェックできることが多いです。そこに加えて、料金表などももちろん確認することができたりします。こちらの予算内で動いてくれる、良心的な価格設定のリフォーム業者かどうか、それだけでもチェックしておいた方が良いでしょう。

コストパフォーマンスの良い業者をめでたく見つけることができたら、後はその業者に現場に来てもらい、見積もり金額を出してもらうだけです。こちらの予算を早めに伝えて、その予算内でどのような防音工事ができるのかを教えてもらいつつ、話を進めることが重要となります。スタジオにするための工事に関しては、壁だけではなく、天井や床、そして扉などといった具合に、いろいろなところに工事を施すことになるわけですから、かなり大がかりになるはずです。時間もかかりますし、大きな音が発生する可能性が高いので、念のため周辺住民に呼びかけをしておきましょう。大きな工事をする前に、周辺住民に呼びかけをするのは基本中の基本です。そうすることによって、そう音のクレームが発生することを未然に防ぐことができます。